目元のハリを復活させるには

目元のハリを取り戻す方法

 

目元がたるんでくる要因の一つに『ハリの低下』があります。しかし一口に『ハリ』といっても失われるには様々な理由があり、

 

  • 紫外線ダメージ
  • 眼輪筋の衰え
  • 睡眠不足
  • 栄養不足
  • 乾燥

 

などなど…年齢からくるものもありますが、日常生活で防げるものもいくつかありますね。目元のハリを取り戻すには普段の心がけがポイントです。

 

 

目元のハリを取り戻す方法

紫外線を予防する

目元のハリ 取り戻す 方法 紫外線

 

目元のハリを取り戻すにはまずコラーゲン減少の予防から。まずは紫外線ダメージを防いで目元のふっくら感を守りましょう!

 

紫外線には

 

  • UVA波(シミ・シワ・たるみを起こす)
  • UVB波(日焼け・シミを起こす)

 

があり、目元のハリに影響するのはUVAです。UVAを浴びると肌のハリを支えるコラーゲンを分解する酵素が合成され、コラーゲンが劣化してハリがなくなってしまいます。

 

UVAは曇りやガラスを通り抜ける特徴があり、波長が長く肌の深い部分の真皮層などにダメージを与えます。冬でもかなりの量が降り注いでいるので、UVケアは夏だけでなく1年を通して行うのが効果的。

 

 

眼輪筋を鍛える

目元のハリを取り戻す方法 眼輪筋

 

目元のハリが無くなるとたるみの原因になります。眼輪筋を鍛えることでたるみを改善し、目元にハリを取り戻すことが期待できます。

 

外輪筋は目の周りにドーナツ形にあり、眼輪筋を意識してエクササイズを行います。

 

眼輪筋トレーニングのやり方
  1. 眩しいものを見る時のように目を細める。
  2. その状態から目を大きく開ける。
  3. これを5回程度繰り返す。

 

目を細める時は眉間にしわを寄せないようにして、目を大きく開ける際は眉毛が一緒に上がらないように注意します。

 

 

睡眠をしっかりとる

目元のハリを取り戻す方法 睡眠

 

睡眠不足は目元のハリがなくなる原因のひとつ。目に疲れが溜まると血流が悪くなり、クマやハリがなくなってくぼみが出来やすくなります。

 

体の壊れた細胞をリセットできる『睡眠のゴールデンタイム』は22〜2時とされています。この間にしっかりと睡眠をとり、目の疲れをリセットしておきましょう。

 

もちろん睡眠は目の疲れだけでなく、美容にも効果的。たるみ・くすみ・肌荒れ・ニキビ・乾燥・テカリを感じたらまず早めの就寝を。

 

 

たんぱく質とビタミンを多く取る

目元のハリを取り戻す方法 栄養 食事

 

目元のハリには食事の内容も大切。特に目元の張りのためにはタンパク質とビタミンを中心にバランスよく摂りましょう。

 

  • ビタミンC(コラーゲン生成をサポート)
  • ビタミンA(肌の粘膜やうるおいを保つ)
  • ビタミンE(血行を促進して肌を活性化する)
  • 鉄分(アミノ酸を作り出す)
  • コラーゲン(体内で再合成される)
  • たんぱく質(コラーゲンの材料・アミノ酸で構成される)
  • イソフラボン(コラーゲンやヒアルロン酸の合成をサポート)
  • アスタキサンチン(抗酸化作用が高い)

 

おすすめの食材はビタミンA、B群、鉄分、タンパク質等をバランス良く含む『卵』、たんぱく質・イソフラボンを含む『納豆』、ビタミンA・鉄分・タンパク質豊富な『レバー』、ビタミンCとタンパク質を含む『ブロッコリー』など。

 

 

目元の保湿を入念に

目元のハリを取り戻す方法 保湿

 

目元のハリには保湿を念入りにすることは必須!

 

目元の皮膚は顔の中で最も薄い部分でダメージを受けやすいです。デリケートな部位でもあるのでアイクリームでしっかりと保湿することが必要です。ポイントは

 

  • 保湿成分
  • 有効成分
  • 低刺激で継続できる価格

 

保湿成分にはセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などがあり、目元のシワにはセラミドやビタミンC誘導体などの成分が配合されているものを選びます。

 

 

>> まぶたのたるみに効く化粧品ランキング【50代向けアイクリーム】  TOP

ページの先頭へ戻る