ツボ押しでまぶたの印象をスッキリと

まぶた たるみ ツボ

 

顔には、まぶたのたるみやエイジングケア全般に効果的と言われている『ツボ』が存在します。

 

それら『ツボ』の存在を知っておけば、入浴中やテレビを見ているときなどスキマ時間に自宅でたるみケアできますよ。代表的で見つけやすい4つのツボを解説します。

 

 

まぶたのたるみに効果的なツボ

 

魚腰(ぎょよう)

まぶた たるみ ツボ 魚腰

 

魚腰(ぎょよう)は、まっすぐに前を向いた時の瞳の真ん中の線の上、つまり眉毛の中央に位置しています。左右対称に2つあるので、両手で同時に押しましょう。

 

魚腰は眼精疲労のリフレッシュに効果的。目の疲れによるたるみの予防や、目元の下がりが気になるときに。指の腹で心地良いくらいの強さで刺激してください。

 

 

瞳子りょう(どうしりょう)

まぶた たるみ ツボ 瞳子りょう

 

瞳子りょう(どうしりょう)は目尻の少し外に位置しています。眼の外側にある骨の際、眼窩の外縁部にあたるので基本的に見つけやすいツボです。デリケートな部分なので、押すときは指の腹で優しく刺激するようにしましょう。

 

目元のめぐりを良くしてくれるので、血行不良によるたるみ・クマが気になるときに効果的。疲れ目によるくすみかんの解消にもいいですよ。

 

 

晴明(せいめい)

まぶた たるみ ツボ 晴明

 

晴明(せいめい)は目頭の少し上にあります。目が疲れた時に自然に押さえていたことはないでしょうか?こちらも眼精疲労に効果的なツボとして知られています。

 

片手の親指と人差し指を使って押すのがおすすめです。なお、この際に指を目の奥の方に押し込むのはやめましょう。できるだけ「鼻」の方向を意識して力をかけるようにしてください。デリケートな部分なので指圧しすぎには注意しましょう。

 

 

四白(しはく)

まぶた たるみ ツボ 四白

 

四白(しはく)は瞳の真ん中の瞳孔の真下、『眼窩下孔』という骨の窪みの1cmほど下に位置しています。眼球周りのツボに比べると多少刺激強めで押しても大丈夫ですが、痛みを感じやすい部分なので要注意。

 

むくみ、血行不良に効果的。小顔効果があり顔全体を引き締めてくれるので、顔全体のたるみが気になるときにも。

 

 

>> まぶたのたるみに効く化粧品ランキング【50代向けアイクリーム】  TOP

ページの先頭へ戻る